リメイク

十数年前に製材屋さんからの依頼で作った座卓が、

座卓裏面

全体寸法「1,800×850×320」厚さ60ミリの板の2枚接ぎ
重い!!よくこんなに重いものを作ったものだ。

座卓裏面別角度

脚も全て欅材、リビングから車まで3人がかりでも「ふーー!」
工房の仕事場までは家内と二人で運び入れなければ・・・

脚を外したところ

そうでした!脚が分解出きるように作って有ったかもしれない、
記憶では・・・、逆バイスで試してみると動きました。
良かった!!脚の部分だけでも軽くなります。

リメイクは何をするかって?
座卓を椅子で使用できるテーブルサイズの高さにする事。
幸い、反り止め材に彫った2枚ホゾ溝が利用できます。

天板表面

もう一点、表面に味は出ていますが、焦げ後も、
サンディングして塗装をしなおします。
リメイク後は現場で組み立てできる仕様にします。


コメント

  • 見事な座卓!
    10年以上前の作品と再びの出会い、そしてリメイク、力が入りますね♪


  • なんたって重い!!計算上は6~70キロなんですが、
    もっと重く感じます。
    脚などは所々大型犬がかじった後も有りました。

    薄かった記憶も仕事中にそうだった!なんて思い出します。


  • 6~70キロ(◎o◎)/
    木こりさん、お一人での作業で腰を痛めません様くださいね;;;
    座面の焦げ跡、大型犬の齧った跡、歴史が詰まった座卓・・・私の長テーブル(棚でしたが)も同じ様に歴史を詰めていきます♪
    すでにフクの思い出は詰まってありますが、痕跡は無いのが残念です(^.^;)



認証コード7800

コメントは管理者の承認後に表示されます。