オランダ ヒンダローペン展

鹿児島のお客様から紹介された
ヒンダローペンの作家さんの展覧会のご案内です。

チラシ(表)

チラシ(裏)

トールペイントの元になったと言われている
オランダのヒンダローペンという技法。
その作品展が長崎平戸のオランダ商館にて
開催されます。

木こりの雫への絵付け作品もグッズとして登場します。
これは伝統的な文様だそうです。

雫に金彩でしょうか!

伝統的な文様

お近くの方、長崎へお出かけの方、
お寄り下さい。

a:2374 t:1 y:5

コメント

  • 面白い!

    ワンポイントでなく全体に掛かれる事が面白く感じます。


  • 思わず手に取ってみたくなる

    こんにちは!はじめまして。私が習っておりますヒンダローペンの先生の展覧会のポスターを画像にて偶然見つけたことがきっかけとなりまして、御ブログを拝見させていただきました。どうぞよろしくお願い致します。
    雫型のアクセサリーといえばガラスや水晶等、透き通った物ばかりを連想してしまいがちでしたが、今日、御ブログにであいまして、木製の雫がある!と初めて知る事が出来ました。どちらの雫型のペンダントも素材と形のほろりと安心させられるような暖か味に惹かれました。
    それから、同先生の{くらしの彩り}というテーマの作品展が11月22日(金)から27日(水)迄、11時から18時(最終日は16時迄!)神戸市東灘区の南天荘画廊というギャラリーで開かれるのですが、神戸に来られます機会がございましたら是非とも来館していただければうれしく存じます。
    長くなりまして誠にすみませんでした。 


  • Re: 思わず手に取ってみたくなる

    オランダさま、まことに遅いレス付けにお怒りかと思います。
    作りっぱなしのブログのコメントの確認方法を理解していなかったもので、
    まことに申し訳ございません。

    一年以上放置してしまいました。



認証コード9404

コメントは管理者の承認後に表示されます。