椅子籐バック修理

背の当たり部分が藤組でできている椅子。経年劣化でささくれ立ちやほつれが出て支障をきたしてきたので修理して欲しいとの要望で預かってきた物です。

修理前

上は預かってきたときの状態、これを簡単に取れるかと思ったのは大間違い、溝を掘ってそこに丸い籐を押し込み、ステップル打ちで止めてあったのでなかなか取れないのと完全に木の中にステップルが埋まっていて鑿先をやられました。

籐を外したところ

ステップル止め

新たに背もたれとして木を遣う事で補修を完成させます。

背の取り付け用加工

背の仮置き

新たな背の取り付け

同じ色は出せないので、似た色のオイルにて仕上げ完成としました。彫りこんである溝などは軽いサンディングで引っ掛かりを取る程度としています。

仕上がり

a:150 t:1 y:0