スーパースワン改造型スピーカー

またまたスピーカーです。
苦労していたスーパースワン形式のバックロードホーンがやっと仕上がり、フェイスブックの5days art challengeの最終日に掲載できました。

正面から

手本となる長岡 鉄男さんのスーパースワンの使用するユニットとは違ってかなりリーズナブルなユニットを選択しました。
大きな違いは後方ではなく前方に開口部をもってくる事、この事でバックロードの計算、仕様がかなり変わってきます。自分なりにはなんとなくこの方が良いような?この開口部はサランネットにて化粧するつもりです。

最初の構想では箱の外回りの厚さを27ミリ、音道の仕切り板を15ミリで設計したのですが、余りに厚くて重たくなるし、仕切り板以外は18ミリ、仕切り板は12ミリに変更、図面の引き直しをせずに頭の中で計算してしまったのが、時間を余計に使う羽目になってしまいました。
若い頃は通用した事が、最近は???それでもなんとか完成にこぎつけ、今日からエージングを兼ねての視聴をしています。

通常のバックロードホーンに一度組み込んで音を試したFOSTEXのFE126En、こちらに組み直して聴いてみると低音が一段とさえ、音場がかなり広がった感じがします。
まだまだ一日目、予想以上の音が出てきてくれています。

音道の仕切り板には片面だけですが塗装してある面を使用し、スピードが上がる?かもと思いましたが、加工性は悪かったようです。

一台で説明(正面)

斜め前面

裏面

材質:欅・ナラ・タモ・ホワイトアッシュ・型枠用合板
寸法:W 476 D 366 H 986
ユニット:FOSTEX FE126En

  • 音楽と画像で紹介してみました。


  • 別の録音機材 TASCAM DR-05にて録音してみました。

a:2658 t:1 y:4