米栂8センチダブルバスレフスピーカー

前作は欅材で同寸法のダブルバスレフを作りましたが、
今回は、使用材とユニットを変えて作ってみました。

リアバッフル リアバッフルに施した定在波対策用の三角柱

リアバッフルと天板、底板の接合 リアバッフルを天板と底板でサンドイッチしています。

仕切り板,側板の接合 次に仕切り板、側板を同時に接合します。

定番の黒檀のプレートとターミナル これはすべて組んでからリアバッフルに取り付けるターミナルです。

組み込み完成 エンクロージャの組み立て完成後、チリ払いのサンディングです。

インシュレーター 今回はこのインシュレーターを取り付けてみました。

塗装も終了し、ユニット組み込み完成 塗装終了後、ユニット、ターミナルを取り付けて完成です。

リアバッフル リア側から。

欅材にこだわっていたのですが、今回は今年になって初めて使用した米栂材にして見ます。材料費は欅の凡そ4分の1。

今までは米栂と言えば建築の廉価な柱材等のイメージが強かったのですが、驚くほどの素性の良い材がある事初めて知りました。(情けないですが)
国産材でも栂建築と言えば高価な建築であることからして、材に依れば素晴らしい材もあるはずなんですが。今回材料どりしたものの画像ですが、柾目取りした幅220ミリの物、と言うことは元の丸太は直径800ミリはあったのではないかと推し量れる。

この幅で年輪が180年ほどは判別出来ました。
国産で有れば銘木に分類される程のものです。
確とは分かりませんが、無垢材の持つ剛性、柔軟性、材個来の連絡性などがエンクロージャとして特性を見せてくれると思っています。

  • 使用材:米栂柾目
  • 寸法:W 150 D 250 H 335
  • 塗装:プラネットクリア
  • ユニット:FOSTEX SE-83En
  • 仕様:ダブルバスレフ
  • 第一室:3,3ℓ 第二室:3,564ℓ
  • 共振周波数 第一ダクト144Hz 第二ダクト53,5Hz
  • 価格:80,000円(1セット、ユニット含む)

    お申し込みは、こちら

a:81 t:1 y:0