ウッドシェルの最終工程

ウッドヘッドシェルにコネクターを取り付けるための穴をあけますが、8ミリのコネクターに対し7,9ミリの穴をあけ、リーマーを使ってギリギリ入る穴まで広げます。

取付穴仕上げ

一つずつ確認しながら最終仕上げして行きます。今回から国産の1ミリピンのコネクターが使用できるようになりました。

a:279 t:3 y:2