ヤニ松(肥松)ヘッドシェル

木材用語ではヤニ松とも言われています。通常の松でのヤニ分は扱いにくく部分的に大量に吹き出し使用上良い印象は与えていませんが、ここで紹介するヤニ松(肥松)は年輪に沿って滲み出し、夏材部分にも染まり全体的に透き通った不思議な表現をしてくれる特殊材です。

山陰や伊豆での工芸品としての挽物や伝統工芸品展に出展されて居たりしています。
加工はヤニ分が刃物に付いてしまうので落としながら出ないと加工が進みませんし、特にサンディングに関しては目詰まりが激しく作業上は難しい材と言えます。

透けるヘッドシェル

230614 002


a:174 t:1 y:1

コメント


認証コード4142

コメントは管理者の承認後に表示されます。