今年初めてのキノコ

火曜日、下界は晴れていたとのことですが、富士山は合羽を着ての行軍。いやー煩わしいし視界も何となく悪い。

それに加え、発生が極端に少ない。ほとんど夏(この時期)見られるはずのキノコもまるで無い。山肌は普段に増して大水が流れた跡が残り、何回も削られた跡が残っています。

足慣らしという事も有り、無理をせずに2050メートル付近で引き返すことにしました。感覚で下りだすとGPSではかなり外れてしまっていて、直ぐに横歩きに変更。だらだら下りてしまうとコースを戻れないことになるので。

少し先、アッ!!オオモミタケの傘が見える。救世主が現れました。貧果の中大助かりです。

顔を出したオオモミタケ

全容

立派なものでした。

a:146 t:1 y:2

コメント


認証コード1953

コメントは管理者の承認後に表示されます。