長岡鉄男さんの考案したD-101Sスーパースワンのキット組み立て

20年近く経っていたであろう未開封のD-101S組み立てキットを使えるのであれば完成させて欲しいという依頼を受けました。数週間前にもそんな依頼があったのですが、売って欲しいと言う事でしたのでお断りした件も有りました。ステレオ誌の特集で当工房が紹介された影響もあると思います。開梱するとシナアピトン合板のカット済み部材が入っていますが、組み立て説明書は無く、当時の雑誌上の組み立て図面を参照して下さいとの一枚。たまたま自分でもスーパースワン改を作るうえで必要だったので図面は用意して有りましたので利用します。使用ユニットはFE108ESⅡ。

梱包元箱

取付用補強桟
取付ユニットのFE108ESⅡ



当工房では通常スピーカーもホゾ立てして組み込んで作るのが普通ですが、今回は全てイモ付け!かえって難しさが有ります。接着用ボンドは多めなので仮止めしておいても締め付けるときに多少なりとも動いてしまうからです。今回は重要な所に受けようの桟を先に付けておくことにしました。

取付用補強桟

音道の組み込み

前板の組み込み



一区画ずつ、温度も低くなってきているので接着時間も必要以上に取りました。

内部音道の仕上がり

天板の組み込み

本体部完成


2台目の天板組み込み

空気室とネックの組み込み

本体とネック組み込みとネック補強の組み込み



やっと完成にこぎつけました。

完成品にオイル塗装

ユニット取り付け 完成

ユニット取り付け 完成


a:40 t:3 y:0

コメント


認証コード2781

コメントは管理者の承認後に表示されます。